目標を設定して留学目的を達成する

留学記.

目標を設定して留学目的を達成する

外国語圏に留学する際には目的を明確にしなければなりません。例えば、英語圏への留学において、それは文化交流のためであるのか、英語学習のためであるのか、純粋に学校に通ってその国の学校教育を受けることが目的なのか、そういった目的意識をはっきりさせて留学しなければ苦労して生活をしていくことに意義を感じられなくなってしまうリスクがあります。母国とは違う文化圏で生活することは特に始めの頃は大変であり、自分が生活していく上で軸となるものが何かしら必要になることがほとんどです。留学の目的は人によって異なって構わないのですが、大変な日々を送った後で、これだけは身につけて帰ってくると心に決め、その目標に向かって邁進することがとても大切です。できることなら短期目標と長期目標を立てておくと、特に長期の滞在の場合にはモチベーションを維持するのに有効です。短期的には友達を作り、長期的にはその友達とストレスなく英会話ができるようになって帰ってくるといったように、互いにつながっている目標をたてることで目的を見失わずに留学生勝つを送ることができるのです。

ちょっと待って!アメリカ留学したいと考えているあなた!

日本もどんどん国際化が進んでいっている中で、英語を話すことに重点を置き始めてきています。その中で、アメリカへ行きたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
ですが、まずあなたがアメリカへ行きたいと考える中で、本当にそれは留学しなければ成し遂げられないのか、少し吟味すべきです。
まず最初に注意して考えるのが、「目的」です。アメリカに何をしに行くのかを具体的に考えてみましょう。例えば、アメリカの大学でコンピューターサイエンスを学んで学士をとり、現地の外資系IT企業で働く、などです。留学を経て、「何をするか」まで視野に入れることが重要です。「単純に英語を話したい」だけなのでしたら、日本にも良質な英会話教室や格安のオンライン英会話があります。
次に授業料と生活費について深く考えなければいけません。ほとんどのアメリカの大学では、私費留学生は現地学生の3倍の値段の授業料を払わなければなりません。日本人同士でルームシェアをするなら、普段は日本語を話すことになるので、英語に慣れることに遅れてしまう可能性もあります。
加えて、単純に大学のクラスではなくAESLクラス(大学の単位にはならない非ネイティブのための英語のクラス)をとるだけでしたら、日本の英会話教室とのレベルの違いはほとんどないです。その上、大学の卒業単位には含まれないので、アメリカの大学を卒業したいと思っている人は、場合によっては卒業まで現地学生よりも1年以上遅れます。結論として、「あなたにとってアメリカに行くことが莫大な費用と釣り合っているかどうか」をしっかり考慮することが大切です。

注目サイト

憧れのオーダードレスを作る
http://www.kind-pr.co.jp/
ノベルティ
http://www.mono-labo.com/
ブーケ押し花専門店
http://hanauta.jp/
スマイルバーキン
https://iwing.jp/
宮古島 ダイビング
http://www16.ocn.ne.jp/~factory/

Last update:2014/10/29


ページ先頭へ▲